楽天モバイルが好きな人のブログ

楽天モバイル、めっちゃいいですよ

Chromeブラウザを使って、通信量を節約する方法+α

f:id:tonashiba:20161007234717p:plain

格安SIMを選択しようとしている人は、何かしら節約したいという意識があって申し込みを行っていると思います。そのため、通信量をできるだけ減らして、節約しようという意識のある方も多いと(勝手に)思っています。

今回は、通信量を節約するためにインターネットブラウザの設定方法を変えて、通信容量を節約する方法を2種類紹介したいと思います。

 

Google Chromeのデータセーバーを使う方法

Chrome - Google のウェブブラウザ
Chrome - Google のウェブブラウザ
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

まず一つ目は、ほとんどのandroidスマートフォンに最初から入っている(プリインストールされている)Google Chromeを使う方法です。まずはGoogle Chromeを開き、右上の縦の点三つをタップします。

 

f:id:tonashiba:20161007234736j:plain

 

すると設定画面が開きますので、この中から「データセーバー」という項目を選びます。

 

f:id:tonashiba:20161007234818j:plain

 

後は、画面が開いたばかりではOFFの状態になっていると思うので、これをONにすればOKです。簡単にいくつか開いて、どれくらいデータセーブ(データ圧縮)されるのか確認したところ69%もデータが節約できている事がわかりました。

 

f:id:tonashiba:20161007234825j:plain

 

データを節約するメリットはデータ容量だけではない

今回のGoogle Chromeを用いた節約方法は、データ容量だけに効くわけではありません。もう一つの大きなメリットは、データが小さくなっている事で、見かけ上処理速度が速くなる事が挙げられます。シンプルにデータ容量が少ない=表示するモノが軽くなる、という図式です。

データセーバーの活用は、データの節約だけではなく処理速度アップにも効果があるんです。

 

さらに圧縮したければ、「Opera」を使おう

Opera Mini Web ブラウザ
Opera Mini Web ブラウザ
無料
posted with アプリーチ

僕自身はGoogle Chromeも使いますが、基本的にインターネットの閲覧はOpera(オペラ)を使っています。Google Chromeのデータセーバーは一段階しかありませんが、Operaは3段階に分かれており、低画質ではとても圧縮してくれます

静止画だけでなく動画の圧縮も行ってくれることもポイント。さらにそれだけではなく、広告ブロックの機能が無料で付いてくるんです。広告もデータ容量取ってますからね。重要なポイントです。

 

f:id:tonashiba:20161007234846j:plain

 

まとめ

通信容量を無理なく、そして簡単に節約するのであれば、Chromeの設定を変えたり、Operaを導入するのがベターです。せっかく節約して格安SIMを使っている訳ですし、もっと節約できるか検討してみて、月々の固定費(通信費)を減らせられるかどうか、検討してみましょう。