読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽天モバイルが好きな人のブログ

楽天モバイル、めっちゃいいですよ

【レビュー】楽天モバイルを2週間使ってみた感想・評価

評価・評判

f:id:tonashiba:20161016225047p:plain

楽天モバイルを使い始めて2週間経ちました。この2週間で電話、ネットサーフィンなど一通りの事は行い、さらに持っている楽天モバイルのandroid端末で色々と試してみました。その結果を踏まえて、楽天モバイルの良さ、改善してほしいところなどをまとめていきたいと思います。

 

◎:通信速度はネット、youtube程度なら気になる事なし

今回、楽天モバイルで使うにあたり、一番心配していたのが速度の面。楽天モバイルって、ICT総研が格安SIMの市場動向を調査によると、格安SIMの中でも利用者が17.0%と最も多いんですよ。つまり格安SIMを使っている人の6人に1人は楽天モバイルであるということになります。確かに、ユーザーが多いのも頷けますね。使用していて、通信速度が不満に感じることはほとんどありません。

もちろん、キャリアのインターネットのスピードに比べれば遅いのは事実。でも、全然困るほどじゃありません。「Chromeブラウザを使って、通信量を節約する方法+α」という記事で書いたように、ブラウザ側で上手く設定してやれば、さらにスピードアップできるので、より気にならなくなります。

 

またyoutubeも普通に再生可能です。モバイル回線のデータ容量は貴重なので、外で滅多にyoutubeを開くことはありませんが、とはいってもたまに音楽を聞きたくなったり、動画を見たりしたい時に再生速度が遅くてイライラ・・・ということは少ないです。

 

☓?:アプリのインストール速度が遅い

楽天モバイルは総じて通信速度が速いのですが、どうもアプリのインストールには制限を掛けているような挙動があります。なんだか、アプリのインストールが遅い。客観的に見ればデメリットのような気もしますが、個人的にはメリットかもなぁと最近感じています。

その理由は、アプリのインストール(アップデート)のような作業は、WiFi環境下でやりたいから。データ容量を気にしなくて良い環境で行うべきことだし、アップデート作業は通信速度が絞られていると、自然とキャンセルされるので、メリットではないかと考えています(そのため、タイトルを"☓?"にしました)。

 

◯:キャリアメールが使えないことはデメリットではない

@docomo、や@ezwebというメールアドレスは、現在使っていません。理由は連絡を全てLINEで取っているから。一応、@rakutenのメールアドレスを貰うことはできますし、楽天独自のメールアプリで設定も簡単なんですけど、使ってないですね・・・。

 

楽天でんわの品質が◎

通話料金を安くすることができる「楽天でんわ」ですが、この通話品質とアプリの出来が素晴らしい。他の格安SIM(MVNO)の電話アプリと比較して、一歩先を行っている感覚があります。

そもそも楽天でんわとは、楽天が提供している電話アプリのこと。この電話アプリを経由して電話することで、通話料金を半額にすることができるんです。安くなる仕組みについては「電話を1分でも使うなら、楽天でんわから発信しないと損ですよ」でまとめているのでよければどうぞ。

 

 この楽天でんわ、よくあるIP電話(インターネットを経由した電話、例えばLINEの無料通話)と違って電話回線を使用しているため、通話品質が安定しているんですよね。途中でブチブチ切れることもなく快適。

IP電話の場合は、「050-」で始まる電話番号を使われるケースが多々有りますが、この楽天でんわの場合は、割り振られた「080-、090-」の電話番号をそのまま使うことができます。こちらの都合で電話番号050-でかけると相手は誰からかかってきたかわからないので、090-、080-の番号でかけられるというのは大きなメリット。

 

加えて、もう一つ素晴らしいポイントが楽天でんわアプリそのものの出来。色々な電話アプリを使ってきたからこそよく分かるのですが、格安SIM(MVNO)が独自で出している電話アプリって、通常の電話機能と独立しているんですね。

楽天でんわは「電話機能と楽天でんわの履歴がリンク(同期)される」んです。ですから、通常の電話アプリで受けて、楽天でんわで発信する、というのが簡単にできます。

 

◎◎:端末のキャンペーンが凄すぎて、他格安SIM(MVNO)が選べない

格安SIMを購入するにあたり、同時に端末購入するケースはよくあると思います。後にも書きますが、購入端末の場合、SIMカードを差しこむだけで直ぐに使えるようになるんで、楽なんで初心者にもおすすめ。

この端末が、他の格安SIMと比べるとキャンペーンが行われることが多く凄くお得なんです。特にHuawei(ファーウェイ)端末やASUS端末の割引が大きい印象。僕自信もASUSのZenFone Goを通常価格19800円から半額の9800円で購入したり、honor6plusを当初の販売価格の半値くらいの値段(29800円)で手に入れることが出来ています。

 

端末購入って、お金がかかるんでやっぱりハードルが高いんですよね。今までキャリア(docomo、au、Softbank)で端末を購入、使っていた人は機種代金って高いからどうしようかなぁ・・・と思っている人が数多くいると思います。

でも実際に楽天モバイルのホームページを見てみると、その安さに驚くこと必至です。なんといっても、キャンペーンしてなくても格安スマホは安いのに、楽天モバイルのキャンペーンで格段に安くなっているんですから。

端末同時購入なら他の格安SIM(MVNO)を見る前に、絶対に確認することをオススメします

 

各端末を公式HPで見てみる⇒【楽天モバイル】

 

楽天スーパーポイント貯まりすぎ

楽天モバイルはその名前の通り、楽天が運営しているので、楽天市場の得点を受けることができます。それがポイントの増加。

そして、たまったポイントは楽天モバイルの端末購入や、月額料金に当てることができます。ポイントって、使いあぐねることが多いんで、こういう仕組みはありがたいです。

 

楽天モバイルが販売している端末の評価

P9lite

f:id:tonashiba:20161004000504p:plain

Huaweiの端末の中ではミドルレンジになるP9lite。楽天モバイルの中では、honor8が出てしまったことで、P9liteの価値が減ってしまったのが残念な所なんですが、こちらも十分に良い端末。軽くて、それなりに動作の軽いスマートフォンならOKという人にオススメ。3万円以下で買えるスマホという事を考えれば、十分な(むしろ十分過ぎる)性能です。

 

honor6plus

f:id:tonashiba:20161016225034p:plain

日本に最初に上陸したデュアルレンズ搭載のスマートフォンがこちらのhonor6plus。ハイエンド端末で、動作も軽い上に、画面も大きいので、使い勝手の良さが光ります。honor8が出たことで、型落ちになり、楽天モバイルではたたき売りされていますが、安く端末を手に入れるという観点で見れば十分アリな端末です。 

 

ZenFoneGo

f:id:tonashiba:20161001144525p:plain

ZenFoneシリーズ最安値の「ZenFoneGo」。通常の販売価格が20000円を切る価格な上に、僕はキャンペーンで購入したので、9800円でした、やっす。しかも安いのに性能は高いという中々優れものなスマートフォン。

ゲームをほとんどせず、LINE、メール、電話がメインならこの端末で十分。ZenFoneGoが売れる理由がよくわかりました。こりゃ確かに安い割に使いやすいので、コスパ高いです。 

 

まとめ

今まで楽天よりもamazon派だったんで、楽天モバイルを選ばないつもりでいたんですけど、結果選んでみて良かったです。ネットは普通通り使えるし、電話は楽天でんわで安くなる。楽天市場の買い物もポイントで貯まるし言うことなし。

特にこれから端末を買おうとしている人は、楽天モバイルのキャンペーンはかならずチェックしてみた方が良いです。半値近い価格で売られていることがよくあるので、初期投資を小さくする意味合いでも楽天モバイルを選ぶ価値がありますよ。

 

公式HPで見てみる⇒【楽天モバイル】